千葉の地酒「舞桜」
純米焼酎「守正 九十九里浜ものがたり」販売元
醸造蔵元ブログ from守屋酒造
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
舞桜WEB酒蔵大学第1章-8  燗
20060914_171125.jpg
舞桜WEB酒蔵大学第1章-8 燗で飲む、冷で飲む

朝夕は少しづつ涼しく感じられる今日この頃です。
それに合わせお酒の飲み方も変わった来ます。
夏はさらりとしたアルコールを好みますが、冬になると日本酒のしっかり感を求める
ようになってきます。

お燗の表現としては
日向燗(ひなたかん) 30℃
人肌燗(ひとはだかん) 35℃
ぬる燗(ぬるかん) 40℃
上燗(じょうかん) 45℃
あつ燗(あつかん) 50℃
飛びきり燗(とびきりかん) 55℃以上
があります。
唄とかでも「お酒はぬる目の燗が良い」なんて歌われてますが、とびっきり寒い日意
外は、ぬる燗をおすすめします。

またお酒のタイプによっても温度帯があります。

香りの高いタイプは 10〜16℃ ぬる燗も可(吟醸とかもこのクラス)。
軽快でなめらかなタイプ 6〜10℃もしくは氷温近辺飲用適温帯が狭い。
コクのあるタイプ 10〜45℃ 飲用適温帯がもっとも広く品温によってもっとも楽しく
変化を見せる。
熟成タイプ 7〜25℃ 飲用適温帯が広い。

−−蔵主の一言−−−
マク○ナルドのバーガーの温度は食べたときの適温に仕上がっているといわれている
のは良く聞く話ですよね。

この時期守屋酒造のこだわり純米(15度、ぬる燗)、上撰辛口(15度、燗)を、
おすすめします。

*************
千葉発日本一の夢 舞桜
蔵元地酒試飲直売 守屋酒造株式会社
五代目蔵主 守屋雅博
289-1806 千葉県山武市蓮沼ハー2929
TEL 0475−86−2016 FAX0475−86−2173
酒蔵見学、お問合せ、ご意見はMAIL info@maizakura.com
携帯ADD http://maizakura.com/i/
************

地酒の知識 | comments(0)
スポンサーサイト

- | -
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3



  • -酒蔵の仕込み 地酒新酒。-
    仕込みも終盤になりました。 最初の1本目が12月中旬には産声をあげました。 それから早3ヶ月 そのお酒こそ 「舞桜 2008新酒 生原酒 百年の雫(ひゃくねんのしずく)」 「舞桜 2008新酒 純米生 萬々歳(ばんばんざい)」 です。 ともにしっかり醸した地酒です。 予約販売、蔵元直売ですので リンクの最初のところからお早めにお申し込み下さい。

    -酒蔵見学のご案内-
    寒くなり、酒蔵は仕込みの最盛期に突入です。 日々仕込みに追われるようになってまいりました。 合わせて酒蔵にお越し頂く方も増えています。 お時間があれば是非酒蔵にお立ち寄り下さい。 酒蔵見学は予約となっております。 お電話いただければ幸いです。 TEL0475−86−2016

    -日本テレビ放映「極上腹ペコ旅レシピ」-
    日本テレビ放映「極上腹ペコ旅レシピ」で紹介されたページがありましたので、 ご案内します。 http://www.ntv.co.jp/harapeko/ oa/20060416/oa_yamazaki.html#1

    -月の満ち欠け-



    素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Design by Tea